在籍確認とは?電話の内容はこのようなもの

キャッシングやカードローンの申し込みをすると審査が行われます。
審査とはこの人を信用してお金を貸してもいいのか判断するための作業です。
つまり、審査に落ちてしまうとお金を借りることができないということです。
審査基準は各消費者金融・銀行によって異なり、厳しいところもあれば、優しいところもあります。

一般的に消費者金融よりも銀行の方が審査が厳しい

審査では氏名・住所・生年月日・職業・勤務先・勤続年数・年収・居住年数・居住形態・健康保険証の種類などがチェックされます。
中でもキャッシング・カードローンの申し込みで注目されるのが年収です。
年収が低いと支払い能力が乏しいとみなされ、審査に落ちてしまう場合があります。
そこで少しでも評価を上げるために職業や勤務先を誤魔化して、収入がいかにもあるように嘘の申告をする人も少なくありませんが、そんなことをしてもすぐにバレてしまうのでやるだけ無駄です。なぜなら、審査で在籍確認が行われるからです。

在籍確認とは本当に職場で働いているのかどうかの確認作業

在籍確認とは本当に申告した職場で働いているのかどうかを確認する作業のことをいいます。
消費者金融や銀行から職場に本人宛に電話がかかってくるので、職業や勤務先を偽ってもすぐにバレます。
申し込み時に本人が職場にいる場合は本人と電話を代わり、席を外していても在籍が確認できればOKです。
まれに何かの手違いで在籍確認が取れない場合もあるため、本人が職場にいた方が確実です。まぁ、でも「席にいなかったから在籍確認ができず審査に落ちてしまうんじゃないか」と、神経質に考えすぎる必要はありません。
審査をする方も仕事ですから、雑な扱いではなく、しっかりと対応してくれます。本当に在籍しているのであれば大丈夫です。